逸失利益とは

逸失利益の算定は、労働能力の低下、収入の変化、将来の昇進・転職、失業などの不利益の可能性、日常・仕事上における支障を考慮して行われます。
つまり、逸失利益とは『将来にわたる損害』と言えます。

基礎収入額×労働能力喪失率×喪失年数に対応するライプニッツ係数の計算式で算定されます。

基礎収入額

原則として事故前の現実収入額が採用されます。
ただし、若年者または将来、現実収入額以上の収入が得られる蓋然性を立証すれば、その金額もしくは賃金センサス男女別・全年齢平均賃金が基礎収入とされます。

労働能力喪失率

1級~3級・・・100% 4級・・・92% 5級・・・79% 6級・・・67% 7級・・・56% 8級・・・45% 9級・・・35% 10級・・・27% 11級・・・20%
12級・・・14% 13級・・・9% 14級・・・5%

労働能力の喪失率については、被害者の職業・年齢・性別・後遺障害の部位と程度、事故前後の稼働状況を総合的に勘案して評価されます。
現実の実務では、上記の割合が等級によって適応されています。

労働能力喪失期間

始期は症状固定日です。未就労者の始期は18歳となります。大学卒業を前提とするときは、大学卒業時が始期となります。
終期は67歳となります。
症状固定時から67歳までの年数が平均余命の二分の一より短くなる高齢者の労働能力喪失期間は、平均余命の二分の一となります。

むちうちの場合は、14級では5年、12級では10年程度と制限されます。
中間利息の控除については、ライプニッツ係数で統一されています。

ライプニッツ係数とは、将来受け取るはずの金銭を前倒しして受け取るために得られた利益を控除するために使う指数です。
例えば、1年後に100万円を受け取る物を1年前倒しして早く受け取ったとします。
となると、1年という期間の利益を得ることができ、その間運用することで利息を手に入れることが可能となります。
したがって、その1年分の利息が差し引かれることになります。

差し引かれるのは民法で定められている年利5%で、受け取れる金額は100万円-(100万円×5%)=95万円となります。
これを計算しやすくした数値がライプニッツ係数というもので、損害額の合計に期間に対応するライプニッツ係数を乗じることで、簡単に将来受け取るべき金額の現在価値が算出できます。

無料相談

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。