角度計を導入しました

角度計を導入しました。可動域の測定に使用する器具です。

可動域制限を伴う後遺障害の場合、当然に可動域の数値は認定に大きく影響します。

正しい可動域の測定方法がなされているか?自動値で測定すべき傷病に対して他動値で測定していないか?

単に可動域測定といっても、チェックすべき点はあります。そして、その可動域の測定が誤った測定がなされた数値であれば、大きな不利益を被る可能性もあります。

あるがままの後遺症による可動域制限がしっかりと測定されているか?慎重に対応すべきです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。