親指CM関節脱臼

物をつまむとき、ビンの蓋を開けるときなど、親指に力を必要とする関節をCM関節と呼びます。
CM関節=第1手根中手骨関節は、親指が他の指と向き合って、物をつまむ動作ができるように働いています。
CM関節を脱臼、亜脱臼すると、手首の親指の付け根付近に疼痛を発症します。
進行すると、親指付け根部分が腫脹、親指が開きにくくなり、親指の指先の関節IP関節が曲がり、白鳥の首変形を来します。
母指の付け根のCM関節のところに腫脹を認め、押すと疼痛があり、親指を捻るようにすると疼痛が増強します。脱臼、亜脱臼の立証は、XP検査で立証します。

治療としては、消炎鎮痛剤入りの貼り薬を貼り、CM関節保護用の軟性装具を付けるか、包帯を母指から手首にかけて8の字型に巻いて動きを制限します。
それでも不十分なときは、消炎鎮痛剤の内服と関節内注射を併用します。
痛みが強く、亜脱臼を伴う高度な関節の変形や親指の白鳥の首変形が見られるときには、関節固定術や大菱形骨の一部を切除して靭帯を再建する切除関節形成術などの手術が必要になります。

手術に至らないものでも、親指の可動域制限を残すことがままありますが、これがほとんど2分の1以下にならないために、症状があるにもかかわらず後遺障害が認定されないケースに陥ることがたくさんあります。
そういう意味で、親指CM関節脱臼による後遺障害は、非常に解決の難しい後遺障害であるといえます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。