被害者請求を行う意義

保険会社に後遺障害等級の認定を任せていた場合(保険会社を通して等級認定の申請をすることを、事前認定といいます)、必要な検査をしないまま申請をしたり、適切な医証を欠いたまま申請をする場合がありますので、後遺障害の原因がよほど明確でない限り被害者の納得のいく後遺障害等級の認定は見込めません。
被害者からすれば何もせずにお任せできるため手間はかかりませんが、非常に不明確な手続きをされてしまうおそれがあります。

事前認定をせずに被害者請求をする利点は、医証を揃える時点から関われるので明確な手続きと的確な立証が可能となります。
被害者請求は、後遺障害診断書+診断書+診療報酬明細書+医学的所見(画像所見や検査所見など)を加害者の加入する自賠責保険に郵送することにより行います。
被害者自身でも対応可能であると思います。しかし日々の治療・生活もありますので、被害者自身がこれらの手続きを行っていくのはやはり困難な面もあります。その場合はどうぞ、当事務所にご相談ください。
なかなか理解されにくい痛みをかかえて、たった一人でやっていくのは心細いものです。そういったご依頼者様を、全力でサポートさせていただきたいと思っております。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です