被害者請求のススメ

なぜ被害者請求がいいの? と思われる方は数多くおられます。そこで、今一度なぜ当事務所が被害者請求を強烈におすすめするのかをご説明させていただきたいと思います。

まず、任意保険会社を通して行う、いわゆる事前認定について。これは、いわば任意保険会社にすべてをお任せするやり方です。面倒な手続きをすべて保険会社に任せられるので、とにかく楽なのです。一見親切なサービスに見えますが、しかしここに大きな落とし穴があります。

まず、後遺障害等級申請の窓口がこの任意保険会社になることです。これが何を意味するのか・・・だいたいおわかりになると思います。保険会社は当然、非該当になってもらいたい側の立場です。その立場の人間に依頼して、はたして適切な後遺障害の立証、丁寧な立証が要求される異議申立が望めるでしょうか?また保険会社が間に入ると、手続きの期間がかなり長くなることがままあります。

そしてもう一点、示談が成立しない限り、後遺障害部分の慰謝料などは一切支払われません。被害者請求であれば、等級が認定されると同時に自賠責分の金額がすぐに振り込まれます。14級ですと、75万円ですね。

つまり、被害者請求では示談の前に自賠責分のお金がすぐに入ってくるのです。これは経済的にも助かるはずです。ここから弁護士費用を工面することも可能になるのです。しかし保険会社を通した場合だと、保険会社の方にお金が行きますので、いわばお金を握られた状態で示談に臨まざるを得なくなるのです。

・立証が不明瞭かつ処理が事務的(等級をとれるかという観点がない)

・後遺障害分のお金を握られた状態で示談をしていくことになる

これらのデメリットを避けるために、当事務所では被害者請求を強力に推進しています。保険会社に主導権を握られぬよう、被害者のエリアに保険会社を引っ張り出すイメージでやっていかなければならないと考えます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です