行政書士と交通事故業務

現在、交通事故についての案件に対応しているのはほぼ弁護士と行政書士のみです。司法書士も物損などで活躍されている先生もおられますが、ほとんどは弁護士か行政書士です。

交通事故対応を担う専門家の理想は、やはり弁護士です。それはなぜかと申しますと・・・

行政書士は示談交渉に関わることができません。示談交渉をしている行政書士がいるとすれば、その行政書士は違法ですのでただちに解任すべきです。示談交渉に関わることができない以上、弁護士が交通事故対応の最上位の専門家であるのです。

では我々行政書士の存在価値は?

それはまず、資格のしがらみから自らを解き放つことです。はっきりいえば、示談交渉以前の段階で行政書士資格が必要な場面はほぼありません。自賠責に提出する書類の作成と代理提出くらいのものですが、そんなものは教えれば素人であっても簡単に作成できるものですし、何の技術も必要としません。

要はその点をもって行政書士でなければならない、と主張している連中は、資格に安住してしまっているのです。たいした資格でもないのに、先生先生と呼ばれ特権意識に凝り固まってしまっているのです。

そんなものは、とても専門家とは言えません。我々が生き残る唯一の道は、後遺障害にひたすら特化し、交通事故を業務の柱としようと熱意をもって取り組んでおられる弁護士の先生方のサポートをすることです。

我々は、年間に100人以上の医師に医師面談を行い、適正な後遺障害認定の獲得のために医療機関を駆けずり回って被害者のサポートにあたります。このことは、資格にとらわれない仕事ですし、弁護士であっても可能な仕事です。

ですが、本来賠償実現のプロたる弁護士が、このように毎日医療機関を駆けずり回っていて理想的な交通事故解決のシステムを作り上げることができるのでしょうか? もちろん、やれるという弁護士であればおやりになればいいのですが。

ですが我々は、交通事故に特化した、交通事故を業務の柱にしたいと考える熱意ある弁護士と共に仕事がしたいと考えています。やるからには最高峰の賠償交渉のプロとなっていただきたいのです。

交通事故業務においては、今後は行政書士は排除されるものと考えています。我々は、生き残るため、というよりは、何が最も被害者救済につながるか、という点を念頭に入れながら、後遺障害に特化した医療コーディネーターとして活動をしていきたいと考えています。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。