舟状骨骨折

舟状骨は、親指の付け根に存在しています。

親指のつけ根が痛む場合は舟状骨骨折、小指のつけ根が痛む場合はTFCC損傷が疑われます。転倒時に手のひらを強く打ちつけると、手根骨の一つである舟状骨が骨折してしまうことがあります。

舟状骨は手関節にある8つの手根骨の1つで親指側にあり、橈骨と接しています。親指の列にあるため、他の指の列と異なり45度傾いて存在します。そのために通常のXPでは骨折が見えにくく、見逃されてしまうこともあるのです。

また舟状骨は血流が悪いため、骨の癒合が進みにくく、偽関節になりやすい傾向にあります。舟状骨の骨折は、構造的に通常のXPでは骨折が確認できないこともあります。その場合は角度を変えた撮影や、CT検査が診断に必要となる場合もあります。骨の血行状態を知るためには、MRI検査が望ましいです。

舟状骨を骨折すると、手関節に痛みと腫れが現れます。手関節を動かすと痛みが増し、手のひらの親指側に痛みが出現します。そのために、握力が大きく低下します。

ギプス固定で保存治療がなされる場合が多いですが、偽関節となっている場合は手術が必要になる場合があります。その場合は、骨移植やスクリューによる固定などが施術されます。

転倒などで手をついたのちに、なかなか手首の痛みがとれない場合など、舟状骨骨折の可能性があります。その場合は早期に画像所見等の医学的所見を集めなければなりません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。