自転車同士の事故、歩行者と自転車の事故

近年、自転車による事故が激増しています。
スマートフォンの普及と相まって、歩行者が自転車と接触する事故も多発しています。
スマートフォンを操作しながら自転車を運転して事故を起こすという、とんでもないことも数多く発生しています。

加害者が自動車であれば、相手の自動車の自動車保険から保障を受けることができますが、自転車同士の事故や歩行中に自転車によって怪我をさせられた場合などは、とたんに対応が難しくなってしまいます。

しかし、精査してみれば十分に対応が可能な場合があります。
弁護士に委任することも可能なケースがあります。
自転車同士の事故、歩行者と自転車の事故によって被害者となってしまわれた方は、あきらめずにどうぞご相談ください。

自転車事故

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。