自賠責保険金が支払われないケース

自賠責保険は、自動車の運行によって他人を死傷させ、加害者が法律上の損害賠償責任を負った場合について支払う保険です。このため、次のような場合には自賠責保険は支払われません。

加害者に責任がない場合

自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者または運転者以外の第三者に故意または過失があったこと、自動車の構造上の欠陥または機能の障害がなかったこと、以上をすべて立証できる場合は、加害者に責任はありません。

自損事故で死傷した場合

電柱に自ら衝突したような場合です。

自動車の運行によって死傷したものではない場合

運行とは、自動車の走行中のほかにも、ドアの開閉、クレーン車のクレーン作業、ダンプカーの荷台の上げ下げなども含みます。

被害者が他人ではない場合

被害者所有の自動車を友人が運転していて自損事故を起こした場合、その自動車に同乗していた自動車の所有者が死傷した場合、被害者所有の車による事故であり、被害者は他人とならないことがあります。自動車の所有者や借受人などが被害者となった場合には、他人には当たらないため、自賠責保険が支払われないことがあります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です