自賠責保険への医療費請求の時効について

請求の期限が過ぎると、時効となり自賠責保険から支払われない場合があります。

加害者請求、被害者請求のいずれも、事故日が平成22年4月1日以降では時効は事故日から3年です。

死亡事故の場合は死亡日から3年、後遺障害では症状固定日から3年以内に請求しなければなりません。

任意保険の請求権についても、上記のように3年で時効となります。話し合いがつかない、治療が長引いている、など3年以内に請求ができない場合は、時効中断の手続が必要となります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です