自賠法16条 被害者の直接請求権について①

自賠法は16条で、保険者に対する被害者の直接請求権を承認しています。このことについて、今日と明日、来週の月曜の三回にわたって記事を書きたいと思います。まずは16条の条文です。

自賠法16条1項・・・第3条の規定による保有者の損害賠償の責任が発生したときは、被害者は、政令で定めるところにより、保険会社に対し、保険金額の限度において、損害賠償額の支払をなすべきことを請求することができる。

保険者に対する損害賠償請求権を被害者に認めるかどうかは、重要な点です。というのも、自賠責保険の契約の当事者はあくまでも保険者と保険契約者であって、被害者は契約外の第三者であるからです。ですので、被害者に保険者への直接請求権を認めるためには、相応の理由がなければならないのです。

ではなぜ被害者の直接請求権を認めたのでしょうか?またどのようなところに直接請求権を認めない場合の不都合があるのでしょうか?

かつては事故を起こして賠償責任の有無と額が確定した場合、保険者は保険金を被保険者(加害者)に支払い、被保険者はそれを被害者に支払うという方法が採られていました。しかしその方法では多くの問題が生じます。例えば、加害者が失踪したり事故のショックのために自殺してしまった場合はどうでしょうか?

また加害者が有する保険債権を被害者が事前に差し押さえないかぎり、保険金が必ず被害者に支払われるという保証もありません。加害者が自用に消費する可能性もあります。さらに加害者が破産した場合、保険金は破産財団に入れられて他の債権者の的とされ、被害者に優先弁済される保証もありません。

このような多くの問題の存在が明らかとなります。明日に続きます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。