自動車保険の内容について

自動車保険について、簡単にまとめたいと思います。

賠償保険

・対物賠償責任保険・・・自動車を運転していて誰かの物を自動車の運転に起因する原因によって破損させたときに、その金銭的賠償と交渉代行を行います。

・対人賠償責任保険・・・自動車の運転に起因する原因によって誰かに怪我をさせたときに、その金銭的賠償と交渉代行を行います。

補償保険

・人身傷害保険

①運転者、同乗者が契約している自動車に乗っているときに怪我をした場合に、実際にかかった金銭の補償をします。

②契約者とその同居の親族が歩行中や自転車走行中に他の自動車と事故になったとき、また他の自動車に乗っているときに怪我をした場合に、実際にかかった金銭の補償をします。

③契約者とその同居の親族が自転車や他の乗り物(バス、電車、飛行機等、主に公共交通機関)に乗っているときに怪我をした場合に、実際にかかった金銭の補償をします。

※①のみが選択された契約も可能となっています。

・搭乗者傷害保険

①運転者、同乗者が契約している自動車に乗っているときに怪我をしたまたは死亡した場合に、死亡金額、後遺障害の等級による金額が部位や重さにしたがって定額で補償されます。

②運転者、同乗者が自動車に乗っているときに怪我をしたまたは死亡した場合に、死亡金額、後遺障害の等級による金額が入通院の日数×保険日額によって補償されます。

※①または②の選択になります。①が販売されているケースが多いです。

・車両保険

自分の車が事故で壊れた、水没した、いたずらにあった等の場合に修理費が補償されます。修理費が車の価値(契約金額)を超えた場合は全損となり、契約金額全額が補償されます。

特約

数多くあるため、一部のみ紹介します。

・無保険車傷害特約

保険に入っていない、保険が足りない、支払い能力のない加害者やひき逃げによって相手が不明の場合に、自ら加入の保険が代わりに補償します。
契約自動車に乗っていても、歩行中や自転車、他の車(任意保険に入っていなくても)に搭乗中でも適用されます。
ただし、死亡、後遺障害の場合に限定されます。補償の範囲は最高2億円もしくは無制限となっている場合が多く、実際にかかった金額を補償します。

・自損事故特約

自損事故(100%自身による過失)によって事故を起こし、怪我または死亡した場合に、死亡1500万円、後遺障害は等級に応じて所定額の保険金が支払われます。

・弁護士費用特約

弁護士、司法書士、行政書士に対して支出した報酬、訴訟費用等が300万円を限度に支払われます。
※司法書士、行政書士は対象外としている会社もあります。300万円を限度とはいっても、弁護士等と契約者が取り決めた報酬が無条件で支払われることはありません。あくまで、保険会社の納得する範囲でのみ支払われます。

・法律相談補償特約

法律相談の対価として弁護士、司法書士または行政書士に支払った費用を10万円を限度に支払われます。

以上見てきたように、自動車保険には様々な補償、特約等があります。一度自動車保険の証券、約款を取り出して、契約内容がどのようになっているのかをご確認されてみてはいかがでしょうか。

自賠責保険

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。