膝関節の画像診断

膝関節のレントゲンでは、正面像、側面像に加えて、横方向の打ち抜き撮影が有効な場合があります。

横方向の打ち抜きレントゲンで膝蓋上嚢に脂肪液面形成を認めれば、関節内骨折の存在が明らかとなります。その場合はMRIを撮ることにより、骨折部位が明らかになります。

大腿脛骨関節においては、脛骨の前方変位+前十字靭帯断裂、脛骨の後方変位+後十字靭帯断裂をチェックします。側面像でチェックしなければなりません。

膝蓋大腿関節では、膝蓋骨高位か膝蓋骨低位かを確認します。膝蓋骨高位は、膝蓋骨~脛骨粗面間の距離が膝蓋骨の長さ+20%以上、膝蓋骨低位は膝蓋骨の長さ-20%以下の状態を言います。高位では膝蓋靭帯断裂、低位であれば大腿四頭筋腱断裂が疑われますので、MRIに移行することになります。

また、正面像において、大腿骨内側顆の内側縁から下した垂線の位置、大腿骨外側顆の外側縁から下した垂線の位置を確認します。これらによって、脛骨内側顆骨折、脛骨外側顆骨折の可能性を検討することが可能です。

MRIでは、

矢状断・・・T2強調像、T1強調像/プロトン密度強調像

冠状断・・・T2強調像、T1強調像/プロトン密度強調像

横断像・・・T2強調像

必要に応じて脂肪抑制を加え、骨挫傷の描出を強調させます。

脂肪抑制では骨挫傷の描出に優れるため、T2横断にて、膝蓋骨や大腿骨の骨挫傷を発見することが可能です。

MRI矢状断では脛骨外側顆部に骨挫傷が認められることがあり、これは前十字靭帯断裂の間接所見として知られています。

 変形性膝関節症

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。