腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊髄神経の通路である脊柱管が狭くなることにより、神経組織が圧迫され様々な症状が出現します。
これを、腰部脊柱管狭窄症といいます。

特徴的な症状としては、
・歩き始めは問題ないが、しばらく歩いていると脚がしびれたり、こわばったりする
というものです。

しかし座って休むと、症状は軽減されまた歩くことが可能となります。間欠性跛行といいます。
この原因は、立っていると脊柱管が狭くなり神経が圧迫され痺れが起こるのですが、かがむと脊柱管内がやや広くなり、神経の圧迫が軽減されるためです。

診断

MRIを矢状断で撮り、神経の圧迫を確認することにより診断がなされます。
治療のために腰椎の進展位を防ぐコルセットが装着されることもあります。
前かがみの姿勢を心掛け、押し車を使うなどで日常生活における困難をカバーします。

その他には薬物療法、理学療法、神経ブロック注射などが行われます。
また症状が重篤である場合は手術も選択され、脊椎の固定術や内視鏡を用いた侵襲の少ない圧迫除去手術が選択される場合もあります。
間欠性跛行は閉塞性動脈硬化を誘発する危険もあり、注意が必要です。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。