坐骨神経痛は、腰仙部坐骨神経の支配領域(臀部、下肢後面、下肢外側面)に疼痛が発生します。
坐骨神経は腰椎から分かれて出てきた神経根がいくつか集まってできている神経ですが、膝の上の部分までを指し、それ以下ではいくつかの神経に分かれて足先まで分布します。
これらいずれかの部分で障害が生じると『坐骨神経痛』が認められます。
また、神経に障害が生じていない場合であっても、坐骨神経に沿った痛みが認められる場合にも、『坐骨神経痛』と認められることがあります。

原因について

腰椎で馬尾や神経根が圧迫されることによって発生します。
腰椎捻挫によって症状が出現したのであれば、腰椎捻挫による坐骨神経痛ということになります。
圧迫のことを腰椎椎間板ヘルニアと呼び、腰椎の骨と骨とを結んでいる椎間板の外側部分がほころびて、中の髄核が外に出てきて神経根を圧迫している状態です。

診断について

坐骨神経痛は診断名ではなく症状ですので、診断としては『腰椎捻挫』と診断がなされます。
坐骨神経に沿って強い痛みと発疹があれば、皮膚科の病気となります。
検査には、MRIが必須です。
MRIの横断像によって、腰椎のどの部分に圧迫があるのかを特定し、最終的に坐骨神経痛という症状について証明がなされることになります。

治療について

坐骨神経痛の原因が特定されれば、それに対応する治療がされます。
原因となっている病態が不明な場合は、検査を進める間、鎮痛消炎薬や筋弛緩薬などの投薬や、リハビリ加療がなされます。
交通事故における対応では、マッサージや注射による治療だけでなく、MRI検査によって症状の原因について説得力を増す作業をしておかなければなりません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。