腰椎捻挫で14級9号が認定されるポイントについて

腰椎捻挫で14級9号が認定される可能性があるのか? 検討するための判断材料としてチェックポイントをご紹介します。

左右いずれかの下肢(腰~足指にかけて)に痺れ、だるさ感、重さ感が残存しているかどうか?

痛みだけでは後遺障害として認定されることはありません。神経症状(痺れ)が残存していることが必要です。ただし痺れといっても、人によっては重さ感やだるさ感、ピリピリ感のように感じる方もおられます。

ラセーグ・SLR・FNSで陽性反応が出ているか?

腰髄神経の神経根圧迫を探る検査です。自覚症状と一致しておれば、加味される所見です。

深部腱反射で低下もしくは消失の所見が得られているか?

腰椎L4の神経根が圧迫されている場合、膝蓋腱反射は減弱を示します。下腿内側に知覚異常が見られ、大腿四頭筋、前脛骨筋が萎縮している可能性が考えられます。FNSテストでは陽性を示す可能性があります。

腰椎L5の神経根が圧迫されている場合、下腿前外側に知覚異常が見られます。大臀筋、長母趾伸展筋の筋力低下が疑われ、ラセーグテストで陽性を示す可能性があります。

L5/S1での神経根圧迫では、アキレス腱反射が低下・消失を示します。下腿外側、足背、足底外縁に知覚異常が見られ腓骨筋力の低下が疑われます。爪先立ちが難しくなります。ラセーグテストで陽性を示す可能性があります。

腱反射はごまかすことのできない所見であるので、調査事務所は重視している所見です。

筋委縮が認められるか?

膝を中心として10センチ上下した部分を計測し、健側に比して患側が痩せているか?

整形外科でリハビリ治療を続けているか?

結論・・・自覚症状と神経学的検査所見が一致し、また症状の一貫性・治療の連続性が認められたうえでなおかつ、真面目な通院実績が確認できた場合に、明らかな神経根圧迫の画像所見が得られなくとも14級9号が認定される可能性があります。

やはり重要なポイントは、適切な治療実績の積み重ねです。こればかりは、後々修正することがほぼ不可能となります。ぜひ早期にご相談をお願いするものです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。