腰椎捻挫で12級13号を獲得するためには?

腰椎捻挫で12級13号を獲得するためには、以下の点を確認していくことが必要です。12級13号を追いかけるべきかどうか?参考にしてください。

①事故直後から、腰部~足指にかけて強烈な神経症状(痺れ)が発症していたか?また、それらが現在に至るまで継続しているか?

②MRIで、L3/4、4/5、5/S1のいずれかに椎間板突出が認められるか?

(膨隆は×、圧迫所見は矢状面ではなく、水平輪切り画像で確認すること)

ラセーグ、SLR、FNSテストで陽性を示しているか?

腰髄神経の神経根障害を見るこれらの検査で、陽性が出ている必要があります。

④支配領域に一致した深部腱反射テストで、低下もしくは消失を示しているか?

L3/4→大腿前面、下腿内側面に知覚障害、膝蓋腱反射減弱、大腿四頭筋萎縮、FNS陽性

L4/5→下腿前外側、足背に知覚障害、長母趾伸展筋筋力低下、大臀筋萎縮、ラセーグ陽性

L5/S1→足背、下腿外側、足底外縁に知覚異常、アキレス腱反射低下・消失、腓骨筋力低下、ラセーグ陽性

⑤症状のある下肢、大腿部と下腿部に筋委縮が認められるか?

両側の大腿と下腿、膝を中心として10センチ上下した部分の周径を計測すれば、患側が痩せているか判別できます

⑥MRIで末梢神経の圧迫が確認できない場合は、3もしくは3,5テスラのMRI撮影を受ける

(該当する障害部分について、脂肪抑制で1もしくは2ミリスライスで、水平輪切り画像で確認をお願いする必要があります)

⑦まだ圧迫所見が得られない場合は、医大系病院の神経内科の紹介を受け、針筋電図検査を受ける

(末梢神経の異常所見が明確に確認できれば、画像所見と同等の他覚的所見となります)

以上の手順で立証をし、無事に立証ができれば12級13号が認定されます。12級13号を追いかけるべきかどうか?ぜひ参考にしてください。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。