脊柱およびその他体幹骨における後遺障害

脊柱の変形障害については、椎体高の減少度やコブ法による測定によって評価されます。

コブ法とは、エックス線写真により、脊柱のカーブの頭側および尾側で最も傾いている脊椎を求め、頭側で最も傾いている脊椎の椎体上縁の延長線と尾側で最も傾いている脊椎の椎体の下縁の延長線が交わる角度を求める測定法です。

脊柱の運動障害については、その障害の程度を頸部および胸腰部の可動域制限の程度等により評価されます。

6級5号⇒頸部及び胸腰部のそれぞれに脊椎圧迫骨折もしくは脊椎完全脱臼があること、又は脊椎固定術が行われたため、頸部及び胸腰部が共に強直又はこれに近い状態となった場合と項背腰部軟部組織の明らかな器質的変化のため、頸部及び胸腰部が共に強直又はこれに近い状態となった場合

8級2号⇒頸部又は胸腰部のいずれかに脊柱圧迫骨折もしくは脊椎完全脱臼があること又は脊椎固定術等が行われたため、頸部又は胸腰椎部のいずれかが2分の1以下に制限されているものと項背腰部軟部組織の明らかな器質的変化のため、頸部又は胸腰部のいずれかが2分の1以下に制限されているもの

脊柱全体が強直またはこれに近い状態にある⇒6級5号

頸部又は胸腰部のいずれかが2分の1以下に制限⇒8級2号

と大まかに考えることができます。強直とは全く動かないこと、それに近い状態とは正常可動域の10分の1以下のことです。6級5号、8級2号はかなりの障害でなければ認定されず、多くは11級7号の認定になります。

11級7号⇒①XP写真等により、脊椎圧迫骨折または脱臼が認められるもの
       ②脊柱固定術を行ったもの(ただし、脊柱固定術を行った脊椎間に癒合が認められないものを除く)
       ③3個以上の椎弓切除術又は椎弓形成術を受けたもの

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です