股関節模型を導入しました

股関節模型を導入しました。

股関節脱臼・骨折、変形性股関節症、大腿骨骨折、骨盤骨折等によって、股関節に機能障害が残る場合があります。

大腿骨骨折では、大腿骨のどの部分を骨折したかによって、その後の経過・対応が大きく異なります。

近位端骨折であれば大腿骨骨頭骨折、大腿骨頸部骨折、大腿骨転子部骨折、大腿骨転子下骨折などが、中心部であれば大腿骨骨幹部骨折などが、遠位端骨折であれば大腿骨顆部骨折(大腿骨内顆骨折、大腿骨外顆骨折)などが考えられ、それぞれ予後の状況や対応が変わってきます。

バイクに搭乗中に車に衝突された、など交通事故で多発するものとしてはやはり大腿骨骨幹部骨折です。骨幹部は血行が良く、骨癒合は比較的良好です。ですが偽関節、変形癒合などの可能性もあり、また開放性の二重骨折や粉砕骨折であれば、神経に合併損傷を伴うケースが多く、注意すべき点です。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。