肘関節模型を導入しました

肘関節模型を導入しました。

Monteggia脱臼骨折、上腕骨顆上骨折、上腕骨遠位端骨折、上腕骨外顆骨折、肘関節内側側副靭帯損傷・断裂、肘関節概則側副靭帯損傷・断裂、など。肘関節に機能障害を引き起こす可能性のある傷病はたくさんあります。

Monteggia脱臼骨折とは、肘関節脱臼と肘関節内骨折を併発しているような状態です。尺骨が骨折し、橈骨に付着している筋肉に引っ張られ、同時に橈骨頭が脱臼するのです。脱臼した橈骨頭が尺骨神経を圧迫し、尺骨神経麻痺を引き起こす可能性が高く、大きな後遺障害に発展する可能性が予想されます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。