耳鳴りと後遺障害

耳鳴りが後遺障害として認定されるかどうかについて。

耳鳴りは難聴を伴います。したがって、30dB以上の難聴を伴わないものは後遺障害の対象とはなりません。昼間は特に異常はないが、夜になると耳鳴りがひどくなる、と訴える被害者は多いです。

聴覚伝達路などに何らかの異常があって耳鳴りが発症していると考えられますが、医学的にはまだまだ解明されていません。30dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すものが他覚的所見によって立証可能なものは12級、30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すものは14級が認定されます。

他覚的所見は、ピッチ・マッチ検査とラウドネス・バランス検査です。12級相当の著しい耳鳴りを証明するためには、こられの検査で立証しなければなりません。

また耳鳴りは、オージオメーター検査を受けてオージオグラムを後遺障害診断書に添付しなければ、後遺障害として認定されることはありません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。