経験則

どれだけの仕事をこなし、どけだけの経験則を積んでいるのか・・・

この部分は非常に大きいですね。たとえば依頼者様のふとした質問に適切なお答えができなかったり、準備に不手際があったり。これは経験則による部分が大きいと思います。

とにかく一件一件のご依頼に真摯に取り組み、経験を積んでいかなければなりません。経験が少ないと嘆いてばかりもいられません。

1の経験を10の経験として身に着けていく。そして膨大な経験を積んだ仲間に時にはお知恵をお借りして、真摯に被害者救済に取り組んでいく。そうありたいと思います。がんばります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です