筋電図検査(EMG、Electromyography)

感覚障害(痺れなど)や筋力低下を立証するために、筋電図検査を依頼することがあります。

筋繊維から安静時と筋収縮時に発生する電位を記録し、筋繊維の障害、または末梢神経を含む下位ニューロンの障害を診断することができます。
これにより、筋委縮や筋力低下の原因が、筋原性で生じているのか、あるいは神経原性で生じているのかがわかります。

正常筋では収縮していないときは、筋活動電位はは発生しません。よって、筋電図波形は得られません。
したがって筋電図検査は、筋の安静時と収縮時に分けて行います。
針電極を筋内に刺入したとき、筋繊維膜が刺激されることによって一過性の一定の規律のない波形が見られます。
これが現れないときに、脱神経性変性、筋変性などが疑われることになります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。