眼の後遺障害

の後遺障害には、

視力障害

運動障害

調節機能障害

視野障害

眼瞼の障害(欠損)

があります。

これらはすべて、外傷に起因する他覚的所見によって立証する必要があります。

視力障害・・・前眼部と中間透光体をスリット検査、眼底部を直像鏡検査で検査し、裸眼の状態をオートレフ検査で検査します。そのあとに視力検査を行います。視神経損傷はERG検査、VEP検査で立証する必要があります。

運動障害・視野障害・・・ゴールドマン視野計で検査します。複視の場合はヘスコオルジメーター検査、視神経の障害ではフリッカー検査を行います。

調節機能・・・アコモドポリレコーダーで検査します。

眼瞼の障害・・・眼科医の視触診で診断がなされます。

また、交感神経の損傷が原因であるバレ・リュー症候群が眼の後遺障害として認定されることはありません。バレ・リュー症候群の治療先は麻酔科です。ペインクリニックの受診を受ける必要があります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。