相談のワンストップ化

今週は肩のシリーズをずっと書いてきましたが、続きは来週からにします。何となくメディカルのことばかり書く業務日誌というのも個人的にはつまらないと思いますので・・・

最近考えていることの一つに、交通事故相談のワンストップ化構想というものを考えています。どういうものかと申しますと、

交通事故に関するあらゆるご相談(後遺障害のご相談はもちろん、慰謝料のご相談、死亡事故のご相談、過失についてのご相談、その他損害賠償についてのご相談、休業損害についてのご相談、治療打ち切りについてのご相談、などなど)にワンストップで対応する相談会を行うというものです。

それについては当然ながら、行政書士だけでは開催は不可能です。過失についてのご相談、損害賠償についてのご相談などはやはり弁護士の先生のご協力が不可欠です。

そこで、弁護士との合同相談会というものを開催し、我々が特化している後遺障害についてのみでなく、交通事故のあらゆるご相談に対応できる相談会の開催を考えています。現在も開催しております、定期相談会をそういった弁護士・行政書士合同相談会にグレードアップさせたいなぁ、というのが個人的な考えではあるのですが、協力行政書士やNPO法人交通事故110など、周りの方々のご賛同が得られない場合は、ご迷惑をおかけするわけにはまいりませんので、個人的にそういう方向を模索していかなければならないと考えています。

何にせよ、私たちの目指すところは『被害者救済』です。それに向けて協力していくことには変わりがありません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。