病院同行回数と交通事故業務

交通事故業務といっても、我々の仕事のメインの部分は、『病院同行』です。
今後、様々なセミナー等も予定しており、そのための前段階の準備として、今年に行った被害者請求の件数、相談会でご対応させていただいた相談の回数、具体的に認定がなされた等級の統計、などの集計をとっています。
その中で、病院同行の回数も集計しました。

今年は、11月6日現在までで106回の同行数でした。去年に比べるとやや少なめとなりました。
これは、放射線科の医師との連携を開始したため、画像についての病院同行の回数が減少したためであると思います。
今月末までの病院同行予定数を加えますと124回となります。
12月のスケジュールはまだ未定ですが、仮に12月に12~15回病院同行をしたとすると、おそらく今年いっぱいで140回程度になるのではないかと思われます。

約3日に一度は病院同行を行った計算になります。
つくづく、我々の仕事は『足』をもっとも使う仕事であると感じます。
今後は、病院同行を仕事としてやっていきたいと本気で考える行政書士さんを、全国から見出していく取り組みを企画しています。
それによってますます被害者救済が加速すると考えています。

やはり、一人ではやれることはたかがしれています。一人より二人、二人より三人、有為な人材であることは必須条件ですが、少しずつ我々自身も力を増強していかなければなりません。
がんばりたいと思います。
15

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。