病院同行について

病院同行についてのご質問で、『事故との因果関係があるということを医師に書いていてただくようにお願いできませんか?』というご質問をいただいたことがあります。

我々が病院同行をなぜするのかというと、必要な検査の実施・画像の取付のお願い、あるがままの後遺症が、適切な後遺障害等級として認定されるためにはどのような後遺障害診断書を作成しなければならないか、理想的な後遺障害診断書の記載についてのお願い、そして具体的な画像所見や神経学的所見についてお聞きしその旨を診断書に盛り込んでいただくことのお願い、可動域測定時の立会い、などです。

いずれにしても、医師の所見を尊重し、その所見に基づいて立証していく必要があるのです。

事故との因果関係は、特に外傷性頸部症候群などで問題となりやすい点です。事故によっての損傷なのか?しかし、それを医師が判定をするのは困難ですし、医師が因果関係があると記載することもありません。

そして因果関係があるかどうかを判定するのは、損保料率機構の調査事務所なのです。医師の仕事はあくまでも治療です。因果関係について立証をすることではありません。

ですので、事故との因果関係がある旨をご記載いただく?そのような幼稚なお願いをするための病院同行は、我々は一切行っていないのです。それにそもそも、因果関係がある旨をご記載いただくお願いをされたいのであれば、わざわざ行政書士などの専門家に依頼するメリットがあるのでしょうか?ご自身でお願いすればよいのです。

我々は、被害者の自覚症状の一つ一つについてその後遺障害認定の可能性を模索し、そのために必要な検査所見・画像所見の取得と理想的な後遺障害診断書の作成のための病院同行を行っています。あるがままの後遺症の実態を、医師の所見に基づいて立証し、自賠責に申請をかける。それが後遺障害等級認定申請です。それによって認定を受ければ、それは事故による後遺症であるとお墨付きを得たのと同じなのです。決して、我々自身や医師が判定を下すのではないのです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。