理想的な後遺障害等級獲得に向けて

理想的な後遺障害等級獲得に向けて動き出す時期として、適切な時期はいつか?

それは、受傷後間もなければ間もないほど良いです。受傷後早期からの対応であれば、治療先の選定、症状の一貫性の立証、適切な検査所見についての考察、計画的な等級獲得、など手遅れになる前に修正をすることができます。

整骨院ばかり通院していた?

症状があるにもかかわらず、受傷後ずっと診断書に傷病名が記載されていない?

必要な検査所見が欠けている?

そういう事態に陥って、本来認定されるべき等級の獲得が不可能になる前に、まずは早期にご相談ください。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です