理想的な交通事故解決とは? 

納得のいく交通事故解決とは、言い換えれば納得のいく賠償の実現です。精神的苦痛等、とても金銭では・・・と思われるお気持ちもごもっともですが、しかし解決はやはり、金銭賠償しかないのです。

賠償の実現は、やはり弁護士の力を借りなければなりません。交通事故に精通した有能な弁護士に依頼をし、しっかりと賠償の実現をしなければ納得のいく解決とはならないからです。

そして賠償全体を構成する肝はなにか? それは後遺障害部分です。賠償全体の八割を占めるケースもあります。ですので、あるがままの症状が適正な後遺障害認定を受けているか?そこが非常に重要なポイントとなるのです。交通事故賠償の実現のための土台部分の肝が、後遺障害であるとお考えください。

そこで弁護士の指示のもと、適正な後遺障害等級認定の獲得のために被害者様をサポートするのが交通事故110で研修を受けている我々医療コーディネーターたちです。

え?医療コーディネーター? 行政書士じゃないの? このように思われるかかもしれません。

しかし我々の仕事の実態は、行政書士の資格を必要としない部分が大部分なのです。行政書士の資格、もしくは弁護士の資格が必要な部分は、『報酬を得て自賠責に申請する書類の作成・提出』の部分です。

それ以外の部分、たとえば『病院同行』『医療調査』『症状固定までのサポート・相談』などは、行政書士や弁護士である必要はないのです。当事務所では多くのケースで、弁護士の指示により後遺障害申請に至るまでのサポートをさせていただいております。申請じたいは弁護士が行うため、実質行政書士資格が必要な部分の仕事は私にはないケースが多いのです。

そういう意味では、私は行政書士として、というよりは医療コーディネーターとして、業務に取り組んでいます。そこが他の行政書士とは決定的に違う部分であり、他の行政書士事務所にはない強みだと思っています。

なぜそういえるの? と思われるかもしれません。

でも、最終的には。というより賠償実現の段階になれば、必ず有能な弁護士が必要になるわけです。だって、行政書士は賠償の実現の部分には業務として踏み込めませんから。そういう意味で、最初から有能な弁護士の指示のもとで業務を遂行していくことは、理に適っているのです。

そして当事務所では、交通事故110のご指導もさることながら、全国さまざまな弁護士事務所と協力体制を完成させています。いずれの弁護士も、交通事故110の講習会で交通事故について研鑽を積んだ有能な弁護士です。受傷後から賠償実現までをフルサポートできる体制が整っております。そこが当事務所の強みであり、理想的な交通事故解決に向けてどうすればよいのか?という問いかけへの一つの解答でもあります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。