無保険車傷害保険について

Q 交通事故に遭い入院を余儀なくされましたが、加害者が任意保険に入っていないとのことです。示談も含めて今後のことが心配ですが、どうしたらいいでしょうか?

A 慌てる局面ですが、無保険車傷害保険の適用で救済される可能性があります。

(1)無保険自動車=任意保険に加入していない自動車との交通事故で、被保険者が死亡したとき、後遺障害等級が認定されたときを条件として、この保険の請求権が確定します。

(2)記名被保険者=保険証券に名前が記載されている人、その配偶者、同居の親族、別居の未婚の子供の場合は、原付を含む無保険自動車=任意保険に加入していない自動車との交通事故受傷であれば、無保険車傷害保険の保険金請求ができます。
無保険自動車との交通事故ですから、歩行中であってもOKです。

・スーパーに徒歩で買い物に出掛け、横断歩道を横断中だった主婦
・映画館から歩いて帰る途中の祖父
・大学に進学している、通学中の子
 自家用自動車総合保険に加入した自動車が自宅にあれば、上記の全てが請求できます。

(3)他人の自動車を運転中に無保険事故が発生した場合は、他人の車の無保険車傷害保険と自分の車の無保険車傷害保険に請求ができます。

(4)任意保険に加入した自動車が自宅にあるが、車両保険に加入していない。
 この場合は、その自動車を運転中の無保険事故のみが請求可能で、歩行中は適用されません。

(5)無保険車傷害保険の保険金は、対人賠償保険金と同額です。
 対人賠償保険が無制限の場合は、2億円、保険会社によっては、無制限もあります。

(6)「お気の毒ですが、お支払いできません」 多くの場合、保険会社はそのように回答してきます。

しかし、上記であれば、必ず適用できます。
最初のお断りは、通例であると心得ておくことです。

(7)さて、解決方法です。

①症状固定として後遺障害診断を受けるまでは、粛々と治療に専念します。
②症状固定・後遺障害診断・被害者請求で等級を確定させます。
③直後に、弁護士に委任、加害者に対して損害賠償請求訴訟を提起します。
被害者の加入する保険会社に対しては、訴訟告知の手続きをとります。
確定判決を保険会社に示し、無保険車傷害保険の保険金請求を行います。
これが無保険車傷害保険金請求における対応方法です。
保険会社と話し合って、保険会社の支払基準で納得することは、とんでもないことです。

④人身傷害保険に加入の被害者は、後遺障害等級が確定するまで、人身傷害保険対応がなされます。休業損害等、貰えるものはどんどん請求します。

しかし、後遺障害診断は被害者請求で行って等級を確定させ、「加害者が許せないので訴訟で決着をつける!」 保険会社には、そう言い放って、加害者を相手取って損害賠償請求訴訟を立ち上げます。確定判決で無保険車傷害保険の保険金請求を行います。
すると、「人身傷害保険では、無保険車傷害保険の請求ができません」と説明してきても、「弁護士に説明してください!」と対応をするのです。

(8)無保険車傷害保険の時効は、死亡したとき、後遺障害等級が確定したときから2年で消滅します。
 しかし最初に確認したときは、お断りの回答がなされるのが通例となっています。
 これを録音しておけば、保険会社は時効を主張できなくなります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。