治療実績について

どのような治療実績を積んでいるのか、これは後遺障害等級認定において、非常に重視される点です。ただ回数が多ければいい?そんなことはありません。

しかるべき治療先で、しかるべき治療・検査を受け、しかるべき画像も入手しておかなければ、等級の認定はありません。

治療実績は、受傷後から時間が経てば経つほど軌道修正が難しくなります。逆に言えば、受傷後から早い段階であればどうとでも修正が可能である、ということです。

ですので、被害者の皆様には受傷後早期の段階でのご相談をおすすめします。どのような治療実績をこれから積んでいけばいいのか、どのような計画で等級の獲得に向けて準備していけばよいのか、ということについて適切なアドバイスをすることが可能であると思います。

治療実績の軌道修正がほぼ不可能な段階であれば、サポートできる幅も当然に限られてしまいます。あらゆる方策をもってサポートできるように、交通事故110と協力行政書士は早期でのご相談を推奨させていただいております。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。