橈骨神経麻痺

橈骨神経は頸椎から鎖骨の下を走行し、上腕骨の外側をぐるりと回り、外側から前腕の筋肉、伸筋に通じています。
上腕骨中央部や前腕部に衝撃を受けると、橈骨神経に障害が起こることがあります。
具体的には、上腕骨顆上骨折、上腕骨骨幹部骨折、Monteggia骨折といった傷病によって発症します。

症状は、手の甲が痺れ、皮膚の感覚に異常が現れます。また、多くの場合、上腕の中央部で痺れが出現します。
特に手の甲の親指・人差し指間が強烈に痺れます。
手首を反らす筋肉が思うように動かすことができなくなるために、手は下垂手の状態となります。

診断は、チネル徴候テストと針筋電図によってなされます。
チネル徴候テストとは、患部を刺激することでその先の手指などに痛みが発症するかを検査するテストです。

圧迫による神経麻痺であれば、徐々に改善がなされますが、末梢神経が損傷部で完全に離断されている場合は、手術によって神経を縫合する必要があります。

後遺障害としては、機能障害として等級認定がなされることとなります。
立証のポイントは、
・診断に有用な客観的な検査所見が得られているかどうか?
・可動域の測定は正しくなされているか?
・麻痺の症状が針筋電図で裏付けられているかどうか?

これらが、立証のために必要なポイントとなります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。