業務における病院同行の重要性

今日も朝から病院同行で出かけておりました。

私たちの業務の最もコアな部分は、やはり病院同行だと思っています。そしてどれだけ傷病に応じた治療先、検査機関を確保できているか?これが立証に携わる者の価値だと思っています。

そのためには、とにかく病院同行をたくさんこなす必要があると思っています。一般の被害者様には、行政書士などを選ぶにおいてなかなか見えにくい部分なので判断が難しいかもしれませんが、弁護士さんと協力して仕事をするときなどは、治療先を確保しているのか?は弁護士さんには大きな注目ポイントになります。

なぜなら、弁護士からすれば、治療先の確保もしていない、医療同行もろくにしてくれない行政書士と一緒に仕事をするメリットはありませんから。

ですので、私たち協力行政書士は、今必死に努力しなければならないと思っています。少し大げさに言えば、この点は行政書士が生き残れるか?という問題を孕んでいる点です。

私たちのウリの一つは、すべての案件で病院同行を徹底する、というものがあります。私たちは、今一度その重要性を再認識しなければならないと改めて思います。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。