日本人が日本人でなくなるとき

今日は完全な雑談を書きます! 後遺障害関係を楽しみにしてくださっている方には申し訳ございません。

最近の風潮について思うところを書きたいと思います。

最近は、とにかく英語至上主義のような風潮がありますよね。英語の社内公用語化、小学校での英語教育、英語が話せないと国際競争で勝負できない!とよく言われること、などなど。

私は英語教育じたいには全く反対しませんし、寧ろ良いことだと思います。ですが、国語(日本語)の教育時間を減らしてまで英語教育の時間を増やすことには断固反対なのです。

私たちは頭の中で物事を考えるとき、何語で考えますか? おそらく、日本語で考える人が大多数かと思います。また外国映画を観るときも、大多数は日本語字幕や日本語吹き替えを駆使して観ます。そして、日本語で感動するのです。私から言わせれば、頭の中で思考するときに英語で考えるのであれば、その時点でその人は日本人ではないと思うのです。日本人は髪や眼が黒く、黄色人種であるから日本人なのではありません。日本語で思考し、日本文化を愛し、日本の文化に誇りを持てるから日本人なのです。すくなくとも、私はそう思います。

小学生のような若い段階からしっかりと国語を教え、考える力をみっちりと教え込むことが何より大事なのではないでしょうか。英語教育も結構ですが、それにも増して日本語、日本文化についての教育が大事だと思います。

英語が話せないと国際競争力で劣る? はたしてそうでしょうか。英語を公用語としている国はたくさんありますが、それらの国に日本は国際競争力で劣っていますか? 日本の技術力が評価されているから、日本の国際競争力は高い水準が保たれているのではないでしょうか。言葉が異なるなら、通訳を雇えばよいだけでは?であるならば、日本の技術力をいっそう磨き上げるためにも、より思考力に富んだ若い世代を育てなければならないのです。そしてそもそも自国の文化を愛せない人が、他国の文化をなぜ愛することができるのでしょうか?上っ面だけで相手の文化をほめたたえても、そんなものは見透かされます。国際舞台で活躍するためにも、自国の文化については学ぶ必要があるのではないでしょうか。

私は英語が話せる人(中国語、ドイツ語など何でもですが)が偉い人だとは少しも思いません。もちろん、修得した努力など、学問的にはすごいとは思いますが。それよりも、どういう思考や発想ができる人なのか?その点で偉い人だなぁと感じます。

英語至上主義的な今の風潮には、辟易してしまいます。もっと大事なことがあるんじゃないですか???と。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。