打診器を導入しました

打診器を導入しました。

打診器は、腱反射を検査する際に用いられるハンマーです。

腱反射とは、筋に伸展刺激を与えた時に起こる筋収縮のことで、外傷性頸部症候群(いわゆるむちうち)などでは、有力な神経学的所見として重要な医証の一つとなります。

脊髄に異常がある場合は、反射は亢進、または軽度亢進を示します。

末梢神経である神経根に異常がある場合は、反射は低下、消失を示します。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。