手関節模型を導入しました

手関節模型を導入しました。手関節では、可動域の計測時の起点に注意する必要があります。たまに誤った起点で計測がなされることがありますので、しっかりと確認する必要があります。

手関節では、船状骨骨折、TFCC損傷、橈骨遠位端骨折、菱形骨骨折などが傷病として挙がります。バイクで事故をして、転倒時に手をついて痛めるケースが多いですね。

指の障害も数多くあります。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。