後遺障害診断書の重要性

労災保険においては、障害等級の認定は顧問医が直接被害者を診察して認定されます。つまり、面談による審査であるので、非常に明快です。

しかし、自賠責の後遺障害等級認定においては、顔面の醜状痕以外は面談を行いません。そこで何を重要視して認定をするのかというと、それは医師の作成する自賠責保険後遺障害診断書なのです。

そのために、「後遺障害診断書に何を記載してもらうか?」が決定的な決め手となり、そのために症状固定日の後遺障害診断書の作成をお願いするときには必ず病院同行をして医師面談をさせていただいているのです。

医師は治療に関してのスペシャリストであり、自賠責の後遺障害等級認定の実務に明るいわけではありません。弁護士や行政書士でも、認定実務に明るい人間はごく少数です。ですので、医師や弁護士にまかせっきりでは有用な立証はままなりません。

後遺障害診断書は一人歩きをする、非常に大切なポイントです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。