後遺障害等級認定 相当について

各等級の後遺障害に該当しない後遺障害で、各等級の後遺障害に相当するものは、その等級の後遺障害とする、という規定があります。

味覚の脱失、嗅覚の脱失などがこれに該当し、12級相当が認定されています。

右肘関節用廃で8級6号が、右手関節の機能障害で10級10号が認定されているケースでは、1上肢の2関節の用廃である6級6号よりは軽く、1関節の用廃である8級6号よりは重い後遺障害であると考えられます。そこで併合の考えを準用し、6級と8級の間をとって7級相当が認定されるのです。

なぜ相当という考え方があるのかというと、上記のように、同一系列にある複数の後遺障害に対して併合を準用していくと、等級が高すぎたり低すぎたりするケースが発生してしまうからです。

1人の被害者に複数の後遺障害が残った場合、同一系列にあるものをまとめて一つの等級に格付けしたあとに、残りの後遺障害と併合の考えを準用する必要が出てきます。

これらの取り扱いを、相当といいます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。