後遺障害等級の併合について

併合とは、同一事故によって後遺障害が2つ以上残った場合の等級認定の考え方です。1人の被害者に複数の後遺障害が認定されても、認定される等級は1つです。

併合は、1人の被害者について、部位ごとに1回のみ適用されます。よって12級の後遺障害が3つ以上残存したとしても、11級となり10級とはなりません。

以下、6つのパターンについてまとめます。

・14級の後遺障害が複数認定された場合・・・等級は14級のままです。

・後遺障害が2つ以上ある場合・・・原則的には、重い方の等級となります。

・13級以上の後遺障害が2つ以上ある場合・・・重い方の等級を1級繰り上げます。

・8級以上の後遺障害が2つ以上ある場合・・・重い方の等級を2級繰り上げます。

・5級以上の後遺障害が2つ以上ある場合・・・重い方の等級を3級繰り上げます。

・併合の結果、1級を超える場合・・・1級が認定されます。

ポイントは、部位ごとに1つの等級認定である、という点です。同一部位で複数の等級が認定されることはありません。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。