後遺障害慰謝料について

被害者本人の後遺障害慰謝料

・1級・・・保険1300万円 地裁2800万円
・2級・・・保険1120万円 地裁2400万円
・3級・・・保険950万円 地裁2000万円
・4級・・・保険800万円 地裁1700万円
・5級・・・保険700万円 地裁1440万円
・6級・・・保険600万円 地裁1220万円
・7級・・・保険500万円 地裁1030万円
・8級・・・保険400万円 地裁830万円
・9級・・・保険300万円 地裁670万円
・10級・・・保険200万円 地裁530万円
・11級・・・保険150万円 地裁400万円
・12級・・・保険100万円 地裁280万円
・13級・・・保険60万円 地裁180万円
・14級・・・保険40万円 地裁110万円

このように、保険会社の支払基準と地方裁判所支払基準では、大きな差があります。

近親者の慰謝料

重度の後遺障害の場合には、近親者にも別途慰謝料の請求権が認められています。

慰謝料の増額事由

・加害者に故意もしくは無免許・酒酔い・ひき逃げ・激しいスピード違反・ことさらの信号無視等の重過失が認められること
・加害者の著しく不誠実な態度が認められること
・被害者の親族がこの事故を原因として精神疾患に罹患したこと

これらの場合に、慰謝料が増額されることがあります。
判例タイムズや損害賠償算定基準赤い本、交通事故損害賠償額算定基準青い本、などに、過失割合の考え方、事故発生状況や運転動向からの類型例が記載されています。示談交渉、調停、裁判では、これらの過失割合に関する考え方から大きく外れることはありません。

裁判では、事故発生状況、運転動向は、実況見分調書、交通事故現場見取り図、当事者の供述調書などの客観的な証拠に基づき認定されます。
実況見分調書、交通事故現場見取り図、当事者の供述調書を刑事記録と呼んでいますが、加害者の刑事処分が完了すると、検察庁記録係で閲覧、謄写することができます。
我々の無料交通事故相談会では、グーグルマップをモニターに表示して事故発生状況について検証をしています。

損害賠償

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。