後遺障害の申請方法

相手任意保険会社に任せる『事前認定』、被害者側で申請する『被害者請求』があります。
ほとんどのケースで、事前認定が行われているのが現状です。
しかしながら、我々は『被害者請求』を推進しています。
その理由は?
それは、事前認定と被害者請求の比較を見ていただければお分かりいただけるかと思います。

事前認定と被害者請求の比較

【手続き】事前認定・・・相手保険会社が書類等を集め、調査事務所へ送付します。被害者としては何もしなくてよいため、楽です。
     被害者請求・・・被害者側で書類、画像等を集めなければならず、煩雑です。しかしながら・・・被害者側で後遺障害の立証が可能です。

【費用】事前認定・・・無料です。
    被害者請求・・・被害者自身で動くときは最低限の経費で済みますが、弁護士や行政書士に依頼した場合はその費用がかかります。

【審査面】事前認定・・・何か検査や書類が不足していても、それを指摘してくれることはありません。『こういう検査を受けてきてほしい』『こういう画像を撮ってきてほしい』といったアドバイスがなされることなく、認定結果のみが通知されます。
また、任意保険一括社意見書が添付されることがあります。この書類には、被害者にとってどのようなことが書かれるのか、不明です。得てして、被害者にとって有利なことが書かれることはないと推測されます。

被害者請求・・・被害者側で後遺障害について立証が可能です。検査、画像など納得のいくまで立証が可能であり、また任意保険一括社意見書が添付されることもありません。熟知した専門家に依頼すれば、間違いのない立証作業も望めます。

【保険金】事前認定・・・自賠責で認定された保険金は任意保険会社にひとまず入金されます。したがって、示談が完了するまで、自賠責保険金額も手にすることができません。別の言い方をすれば、自賠責保険金額を相手任意保険会社に握られた状態で示談交渉をしなければなりません。

被害者請求・・・等級が認定された段階で、自賠責保険金額が被害者に入金されます。したがって、相手保険会社と示談をする前に自賠責保険金額を手にすることができます。その後、自賠責保険金額のを用いて弁護士に依頼することも可能ですし、また先に自賠責保険金を手にしていることで余裕をもって示談交渉に臨むことができます。

まとめ

以上、比較を見ていただいた通り、我々は被害者請求に様々な利点があると考え推進しています。
交通事故に遭われた被害者の皆様におかれましては、ぜひ『被害者請求』で後遺障害の申請を行っていただきたいと思います。
損害賠償

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。