実利ある解決に向けて①

治療先をどこにするか?それは非常に大きなポイントです。

リハビリをするために整骨院をメインに通院していました、などは取り返しのつかない事態を招きかねません。治療の一貫として整骨院で施術を受けることじたいは悪いことではありませんし、それで症状が改善されるのであれば何より良いことです。

しかし、後遺障害等級認定を獲得する、という観点から見れば、整骨院ではなく整形外科に通院すべきなのです。

とくにむちうちにおいては、治療実績は重要な立証材料となります。整形外科での通院をおろそかにして、後遺障害等級認定はあり得ないのです。

交通事故受傷後、早期の段階でぜひご相談ください。時を逸しては等級の認定はもう難しいのです。

後遺障害等級認定は後遺障害診断書と画像に軸においた手続き的な審査です。その手続き的な審査で認定されるためには、ただ漫然と症状を訴えるのみで通院しているだけでなく、計画的にプロセスを踏んで対応していくべきなのです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です