外傷性頸部症候群にかかる後遺障害認定基準①

外傷性頸部症候群にかかる後遺障害認定基準とは、神経症状(痺れ、だるさ感、重さ感、ピリピリ感など)について、

「局部に頑固な神経症状を残すもの」12級13号

外傷性頸部症候群に起因する頭頸部や上肢、背部に残存する症状が、神経心理学検査所見や画像所見などの他覚的所見により、医学的に証明しうるもの、がこれに該当します。

「局部に神経症状を残すもの」14級9号

外傷性頸部症候群に起因する症状が、神経学的検査所見などから証明することはできないが、受傷時の状態や治療の経過などから連続性・一貫性が説明可能な症状であり、単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるもの、がこれに該当します。

解説・・・上記を読んで、ポイントがおわかりになるでしょうか?

つまり、14級9号は、医学的に証明することはできなくとも、その症状が実際に残存していると推定しうるものであれば14級9号を認定します、ということが説明されています。

では推定しうるものとはどのような要素で判断がなされるのか?それがポイントとなります。

また12級13号に認定される要件の、「医学的に証明が可能」とはどのような所見が得られていれば医学的に証明できるという判断がなされるのか?これもポイントです。

これらのポイントについて、明日の日誌で書きたいと思います。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。