変形性股関節症に対する人工股関節置換術

股関節は、大腿骨骨頭が、臼蓋に収まることで自由度の高い可動域を可能にしています。これには、関節表面にある滑らかな軟骨が、そのスムーズな可動には欠かせない働きをしています。
ところがこの軟骨が磨り減ると、骨頭のスムーズな動きを阻害し、また骨頭と臼蓋が互いにぶつかって痛みが生じます。これが、変形性股関節症です。

長時間の歩行など、股関節を酷使したときのみに生じていた痛みが、変形が進行することによって安静時でも痛みが生じるようになります。
股関節において最も特異な点は、運動療法によって補うことが難しい点です。
膝関節であれば、運動療法によって周囲の筋力を強化することによって摩耗した軟骨を補うことができますが、股関節の場合はその手段が大幅に限られてしまいます。

そのために、股関節においては痛みを取り除くための手段に、人工股関節置換術が選ばれることが多いのです。
人工関節置換術は、痛めた関節の代わりに、人工の関節を埋め込みます。現在では、土台部分を骨の中に深く埋め込み、関節軟骨の役割を果たすポリエチレンを用いるなど、自然な関節に代わることのできる高い水準に達しています。
とはいえ、やはり医大系の専門医でなければ手術は難しく、専門医の選択が重要になってきます。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。