因果関係

交通事故による後遺障害の認定で重要なテーマは、因果関係です。

その症状が交通事故によってもたらせれたものか?という点は非常に重要なテーマであり、確かに交通事故によって発現した症状であるにもかかわらず、うまく立証できなければ当然、因果関係が否定されてしまい、等級は認定されないことになります。

因果関係をきっちり立証するためには、受傷直後の医証が大切です。そのためにも、被害者の方には事故からできる限り早い段階での対応が望ましいのです。

事故から間もないと、なかなか後遺障害についてまで考える余裕がないと思われます。しかし、後遺障害部分は、損害賠償の全体から見ても非常に大きな部分であり、決して軽視してはなりません。

早い時期から行動して、きっちりと認定されるべき等級をめざしましょう!

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です