医療コーディネーター(行政書士等)の仕事の意義とは?

行政書士等に後遺障害の立証について依頼する意義とは何なのでしょうか?

被害者側や弁護士側からすれば、『等級を少しでも高くするために行政書士に発注する』という意味合いが強いのかもしれません。これは、そういう意味の側面も確かにあるのですが、我々はもっと別の観点から仕事をしています。

それは、『被害者の症状の実情を網羅し、そのあるがままを医証に落とし込むこと』です。

私たちは、間違いのない後遺障害認定をサポートしています。症状を誇張して等級の獲得を目指すようなことはしていません。ですので、ご依頼いただいて適切な立証先をご紹介して検査所見や画像所見を得たにも関わらず、等級は上がらないケースもあります。それはその立証先で得た検査結果・画像や医師の所見が被害者の症状の実情と一致していたのなら、我々の立証作業は基本的にはそれで終了となります。

ただ、費用をかけて依頼をしたのに等級が上がらなかった、とご不満に感じられる被害者様もおられるかもしれません。

しっかりと立証をおこなったうえでの等級と、ろくに立証が行えていない状態での等級では、同じ等級であったとしても意味合いがぜんぜん違うと我々は思うのですが、やはり賠償の部分での成果に結びつかないため、やはりそこの部分の捉え方は人それぞれなのかもしれません。

後遺障害について依頼をご検討の際は、そういう部分も含めて被害者様にはご検討いただければと思います。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。