医師面談を重ねて思うこと

病院同行をして様々な医師と面談をしていると、良い医師に当てはまる共通の事項があることを改めて感じます。

それは「話をよく聞く先生」だということです。良い医師には、必ず「話をよく聞く」というのが共通しています。

患者の話や意見についてはもちろんですが、我々医療コーディネーターの話にも耳を傾けていただけます。「何でこんなやつの話を聞かなくちゃならないの?」と内心は思われているかもしれません。ですが、話を聞いたうえでご納得いただければ、今後は協力していただける医師となっていただけるのです。

我々はない症状について書いてもらいに医師面談をしているのではありません。こういう症状からこういう傷病が考えられるのでそのための検査をお願いできませんでしょうか? というお話をしにいきます。具体的な症状の説明と、後遺障害認定のための立証に必要な検査所見についてをしっかりとご説明をすれば、多くの医師は協力にご賛同いただけます。

ですが端から話を聞こうとしない、話を聞く耳をもたない医師は、こちらが話をするだけ火に油を注ぐ結果になってしまうのです。その場合は、別の医療機関で検査を受けるなど別の方策を練らなければなりません。

良い医師に例外なく共通するのは、「話をきいてくださる先生」「聞く耳を持っている先生」ということです。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。