全国展開にこだわる理由

当事務所は神戸にありますが、全国の医療コーディネーターと連携をし、NPO法人交通事故110も交えて全国規模で対応をさせていただいております。提携関係にある弁護士事務所も、日本全国にございます。

ではなぜ全国展開にこだわるのか? 地域密着型の方が良いサービスが期待できるのでは?

そういった疑問を持たれる方もおられるかと思います。

まず・・・利益追求のためにいたずらに全国展開を推し進めているわけではありませんし、また地域に根付いた対応を軽視しているわけでもありません。むしろ当事務所は、地域性を非常に大切にしています。なぜなら、信頼のできる医療機関・検査機関を関西で多数確保しておりますので、それらのお力添えをお借りしながら立証をしていくためには、どうしても関西の依頼者様にしかできないからです。

ではなぜ全国対応が理想だと考えるのか?

それは、全国規模で新鮮な情報を集積し、分析できるからです。後遺障害認定も、また医療分野(立証方法)も日々進化し続けています。また保険会社の対応も、様々に変容しています。

それらの新鮮な情報を全国規模で吸い上げ、研究をしなければ、業界最高峰のノウハウを維持することは難しいのです。地域密着型は悪くはありません。むしろ大切なことです。しかしながら、1地域に閉じこもり、1事務所単位の少ない案件で後遺障害全体のノウハウを理解したつもりでいるのは非常に愚かなことです。

またそういう状態は、独善的なノウハウの蓄積に陥りやすく、間違ったノウハウで対応していることも少なくありません。

全国規模で情報を吸い上げ、協力関係にある全国の専門家でそれらの情報を共有・研究をし、常に新鮮なノウハウの蓄積・修正を続けなければならないのです。

業界のトップでいる、ということはそういうことです。常に進化し続けなければなりません。ノウハウさえ蓄積してしまえばあとは独力で?そんな甘いものではないのです。日々常に進化、これこそが業界最高峰に君臨するために必要なことです。どの業界でも同じですよね。

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。