先週末は、徳島、芦屋、都島で交通事故相談会を開催しました

先週の金曜日に徳島で、土曜日に芦屋で、日曜日に大阪都島で交通事故無料相談会を開催しました。

徳島交通事故無料相談会

高次脳機能障害、耳鳴り、頸椎捻挫、腰椎捻挫といった傷病の被害者様がご相談に来られました。
耳鳴りの被害者様は、頸椎捻挫を原因とする耳鳴りであると思われるのですが、耳鼻科への通院や自覚症状の訴えが事故日から大きく時間が経ってからであり、これでは・・・と諦めざるを得ない状況でした。
鉄は熱いうちに打てと言いますが、後遺障害の立証に置いてもっとも重要な要素は、『タイミング』です。
立証に最適なタイミング、自覚症状を医師に伝えておくべきタイミング、症状固定のタイミング、MRIを撮るべきタイミング、さらに言えば相談にお越しになるタイミング、など。
とにかく、後遺障害の立証の要は、タイミングなのです。
本件の相談では、改めてそのことに留意させられる内容でした。

芦屋交通事故無料相談会

歯牙欠損、頸椎捻挫、腰椎捻挫、肩腱板損傷といった傷病の被害者様がご相談にお越しになりました。
他の弁護士事務所に依頼しており、なおかつセカンドオピニオンとしてこの相談会に相談にお越しになっている被害者様がこの相談会では何名かいらっしゃいました。
やはり、『後遺障害について何もアドバイスがない』『病院同行をまったくしてくれない』『まったく連絡がない』など、依頼している弁護士に対して不安を感じておられるようでした。
他の弁護士に依頼されている以上、具体的な立証についてのご相談には応じることは難しく、どうしても抽象的な説明にならざるを得ませんが、相談にいらっしゃった被害者様は一様に何かを理解されたようでした。

大阪都島交通事故無料相談会

頸椎捻挫、足関節捻挫、脊髄損傷、橈骨遠位端骨折、上腕骨頸部骨折、脛骨高原骨折、尺骨茎状突起骨折、長母子伸筋腱断裂といった傷病の被害者様がご相談にお越しになりました。
この相談会では整形外科医が参加し、画像と相談者の状態を見て瞬時に的確なアドバイスをしていただけるため、我々自身非常に驚かされました。
医師が相談会に参加することによって被害者の安心感も倍増、これからの交通事故相談会の理想的な形はこれだ、と実感できた相談会でした。

来月以降も各地で無料交通事故相談会を開催します

8月は茨木、布施で。9月は三田、芦屋、藤井寺、等で交通事故無料相談会を開催します。
事故に遭われた被害者様は、事故の軽重を問わず、できる限り早期に一度無料交通事故相談会に参加してください。
何度も申し上げますが、『タイミング』これが理想的な交通事故解決には不可欠なのです。
時間が経過すればするほど、通院実績の見直し、必要な検査・画像の取得、等の修正が困難となります。
早期に無料交通事故相談会を利用する、これが大切です!
無料相談からはじめる交通事故解決

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。