先週末、赤穂、垂水、豊中で交通事故無料相談会を開催しました

先週末、赤穂、垂水、豊中で三日連続の交通事故無料相談会を開催しました。
多くの被害者様にご参加いただきまして、誠にありがとうございました。

特に豊中の相談会は、初となる『整形外科医』が参加する相談会で、非常に有意義な相談会でした。
画像や被害者の状態から瞬時に傷病の原因を指摘、さすがだな・・・と驚かされることが多々ありました。

今回の相談会では、高次脳機能障害2件、鎖骨骨折、頸椎捻挫、脛骨近位端骨折、歯牙欠損、腱板損傷などの傷病の被害者様がご相談にお見えになりました。
高次脳機能障害の事案については2件ともに非常に重篤な症状であり、今後完璧な立証をサポートすべく、対応を開始することとなりました。
今回の相談会で目についたのは、『症状固定時期を見誤った』案件です。
症状固定時期は、非常に重要なポイントです。この適切な時期を見誤ってしまうと、後遺障害としての評価がゼロとなり、まさにやられ損の状態となってしまうのです。

やはり、早期のご相談が大切です。何度もホームページ上で訴えていることですが、『交通事故の相談は早期であればあるほどよい』ということをぜひ多くの方々に知っていただきたいと思います。
お怪我の状態の程度は関係なく、重篤な症状であってもそれほど重篤な症状でなかったとしても、交通事故は全件『早期の相談』が大切なのです。
事故に遭ったら無料相談会を利用して、できる限り早い段階でご相談にお越しください。

今週は4日(金)に京都府宇治市で、5日(土)に大阪府泉大津市でそれぞれ交通事故無料相談会を開催します。
いずれも、弁護士とNPO交通事故110との共催です。
電話かメールにてご予約の上、ぜひご参加ください。

無料相談からはじめる交通事故解決

専門家の皆様からのお問い合わせはコチラから
交通事故被害者の皆様からのご相談はコチラから
お問い合わせはフリーダイアルをご利用ください。